[QQ:1194938172] [http://www.style-council.cn/][预约·询问:020-3801-7556,135-3358-0606]

バスで香港から広州へ!

2012年2月24日:

こんばんは。Web事務局担当者です。

期間があきましたが、香港から広州へ、陸路バスでの移動への旅のご案内です。
これまた人生で初めてバスでの広州入りとなります。

 

そもそも、香港から広州にはよく行きます。方法としては、

  1. 深センの羅湖まで電車で移動し、中国本土入国。その後、電車で広州東駅へ。
  2. バスで上水(シャンスイ)まで移動し、上水から電車で深センの羅湖へ。あとは同じ。
  3. 電車で紅磡 (ホンハム)まで移動し、広州東駅直行電車で本土入国・広州へ。

の3つです。

1番目は間違えは無いですし、安いのですが、香港内で電車の乗換えを数回しないといけないので、ちょっと疲れます。

2番目は、1の応用系。上水(シャンスイ)までバスで移動するので、乗換えがなく、景色も大変よいです。ただ、バス‐電車‐歩いて大陸への入国審査-電車となります。バス停はターミナル2から電車の方に向かい、下に降りた右手にあります。沢山のバスが出ていますので、乗り間違えないようにしなければいけません。

3番目は、電車で本土移動となりますので、大変楽ですが、紅磡 (ホンハム)まで移動しないといけない点や全席指定ですので、指定の時間の切符がない場合があります。特に展示会があったり、年末年始などは危険があります。

 今回、ある方から、「香港-広州の移動に慣れている人がバスが楽だと言っていたよ」と言われました。まぁ、何事もチャレンジで、香港空港からバスで広州行く事をチャレンジすることにしました。

 

さて、空港を下りて、リムジンバスのターミナルは第1ターミナルから第2ターミナルに移動する通路の1階だった...はず。なんとなく、1ヶ月も経つと記憶が...。
でも、写真を撮りましたので、ここです。

h1_.JPG

この部分に、バスのチケット売り場があります。

h2_.JPG

「Mainland Coach Service」とありますように、中国国内の長距離バス(Coach)サービスカウンターです。ここのカウンターはカウンターごとに会社が異なります。私は急いでいたので、声をかけられた会社を選びましたが、たぶんどこの会社でも金額は同じな気がします。
香港は私のナンチャッテ英語が通じますので、気が楽です。

さて、会社を選び、広州まで行きたい旨を伝えると、チャイナホテルかガーデンホテルのどちらで降りるか聞いてきます。私はガーデンホテルの方が目的地に近いので、ガーデンホテルと伝えます。でも、降りる際に調べるわけではないので、どちらでも変わらないと思います。

h7_.JPG

250香港ドル。大体、3,000円ぐらいでしょうか?
ちなみに、うえの1の方法の地下鉄-深センから電車だとだいたい1,400円(地下鉄300円?+電車2等席1,100円。地下鉄の値段失念...)だったと思います。ただ、車だと社内に居て入国出来ますが、電車の場合は、歩いて大陸への入国をしないといけません。

で、乗り口を教えられますので、その近辺で時間までイスで待っています。
迷子にならないように

h5_.JPG

お!私が選んだ会社は「Go Go Bus」ですね。

あと、荷物にもタグを付けます。タグの半券は無くさないように~。

h6_.JPG

 

さて、時間になり、係員から声をかけられバスターミナルに進むと...

 

え!?

h3_.JPG

バン? バスじゃなくて...。いわゆる8人のバン?
もう何事も驚かないけど、これはバスじゃないよね。
凄い綺麗なリムジンバンなんですが、ちょい驚きました。

ちなみに、中はこんな感じ。 

h8_.JPG

1人台湾人?、私1人日本人、残り4人中国人、運転手1人の7人での小旅行です。

乗車の際、運転手からイミグレーションカード(入国用紙)をもらい、内容を記載した後、パスポートとともに運転手に預けました。

 

で、シュッパーツ。
途中の海等の景色は大変良かったです。

 

さて、30分~1時間ぐらいで大陸への入国審査場へ。
写真を撮るのは憚られそうなので、写真とれず。
文章のみの記載となります。

まず、高速道路のインターチェンジのようなところへ進むと、車は停止して、受付側の窓、後部座席のドアを開けます。たしか、運転手が降りて、事前に後ろの荷台のドアを開けてました。

運転手が全員のパスポートを係員に渡し、1人ずつチェック。
特に、車を降りる事はしません。

インターチェンジと違う点は、ものすごい勢いの数のカメラがある点でしょうか?まさしく、チェックされています。

 

でも、あっさりチェックが終了します。今回は荷物検査もありませんでした。いつも検査が無いのか、あるのかは知りません。

 

おぉ、こりゃらくだわ~、このまま、ガーデンホテルへ直行かぁ、と思いきや、運転手が荷台のドアを閉めて走り出したあと、すぐに近くの駐車場(バスターミナル)に停めて、全員下ろされました。荷物もおろされました。

むむむ...。

h4_.JPG

どうもここで乗換です。
リムジンバンは、香港に入る人を乗せてさっさと戻ってしまいました~。

ちなみに、1月の深セン。とても寒いです...。(T_T)
でも、一緒に乗っていた乗客がここで30分ぐらい待つ事など色々と英語で教えてくれましたので、心は暖かい気持ちでした~。

で、大型バスに乗り換えてシュッパーツ。

 

という感じでガーデンホテルに着きました。
待合時間も含め、電車で行くよりもとても長く、香港からは3時間以上かかった気がします。いつもは2時間ぐらい。

 

感想...。

私が理解不足なのか、8人乗りリムジンバンという点が...。
面白いというか、なんちゅーか。
旅慣れていない人は...という感じです。

まぁ、荷物が多い時は楽かもしれません。電車乗換えで荷物の取り回しは結構大変ですので。
が、やはり1時間も時間が長いのはネックですね。休憩が深センの待合時しかないので、トイレが近い方はお勧めしません。
また、バス、車が苦手と言う人もお勧めしません。

結構面白かったですが、楽だからという理由で再利用するかといわれるとちょっと考えます。

 

皆様も一度お試し下さい~。

 

次回は、深センから上水(シャンスイ)まで電車、その後空港までバスの行き方を書けたらと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バスで香港から広州へ!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.style-china.net/mt/mt-tb.cgi/779

公司名称:  广州市尾关屋美容美发服务有限公司
地址:广州市天河区228号正佳广场228号5楼5A007(西北门)

预约电话:020-3801755
QQ: 1194938172
email: style.ozekiya@gmail.com

営業時間10:30~22:00(定休日無)

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本のお客様へ:特に土曜、日曜につきましては大変混みあっております。大変恐縮ですが、事前にご予約を頂けるとスムーズにご案内できます。何卒よろしくお願い申し上げます。

店長林は6月11日に日本出張からもどりました。何卒よろしくお願い申し上げます。